七夕茶会

七月七日から八月上旬にかけて
七夕茶会の御注文を多くいただきます。
e0122268_21324267.jpg
「天の川」
寒天を使った錦玉と羊羹の流し合せ
途中に金箔を配して天の川に見たてます。
七夕の空を「星合の空」とも言うそうで
日本語の美しさを知る事ができるのも
和菓子職人の楽しさだと思います。

e0122268_21324488.jpg
「願い笹、かささぎの橋」
合わせたお干菓子はこちらの二種。
このお席は、留学される方と
試験を受けられる方を招かれて
励ます思いを込められるとの事でした。
そこで、夢が叶う事を祈り
「願い笹」
障壁を超えて行かれるように
「かささぎの橋」を
調製しました。

かささぎは黒い羽の鳥ですが、
物語では青鷺を指すとの説もあるそうなので
今回は「希望の橋」と言う事で白で表現しました。

お客様にも喜んでいただけたそうで安堵しました。



e0122268_21324381.jpg
「梶の葉」「五色の薄布」「かささぎ」
こちらは、ちょっと前のお席で
御用意したお干菓子です。

七夕の起源の一つ「乞巧奠」の飾り付けで、梶の葉には和歌を書き、五色の薄布をかけて、その他にも角盥、琵琶、箏などを配して、裁縫、染め、和歌、演奏などの上達を願ったといわれています。

こちらの鵲(かささぎ)は羽が黒く
お腹が白い物を表現しています。


ご主人をされる方とお客様、
その大切なお席に込められた思いを
少しでもお菓子で表現する事、
その記憶に彩りを残す事、
それが御茶席菓子を調製する楽しさだと思います。


まだまだ勉強しなくては!
精進します(^-^)
[PR]
by pullnet33 | 2013-07-15 20:57
<< 新しい夏の和菓子 お茶会と新製品 >>