<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

お楽しみ満載の秋

シルバーウィークまっただ中!皆さんいかがお過ごしでしょうか?
四代目の妻でございます。
主人はただいま新宿高島屋さんでの「若き匠たちの挑戦」のイベントに出店させていただいています。毎回素敵な企画なのですが、今回は本当に盛りだくさんでもうお祭り状態です(私も数多くの試作を味見しました~)
9月16日から和菓子イベント「若き匠たちの挑戦」開催!
沢山のお客様に足をお運びいただいてると聞き、大変嬉しく思っております!ありがとうございます。残りのイベント期間も全力投球ですので、そうぞよろしくお願いいたします。(※僭越ながらイートインメニューのデザイン制作をさせていただきました)

さて、富山も秋らしく爽やかな連休となっています。そしてお菓子も秋の恵みが満載です。季節菓子の中でもおすすめは、栗100%でできた「純栗むし羊羹」。口の中に広がる栗!栗!栗!お客様のリピート率が非常に高い人気商品です。ぜひお試しください。

そして9月23日(水祝)のお彼岸は恒例「おは10」の販売。10種類全てお味の違う小さなおはぎです。ご家族やお友達とわいわい食べ比べしてみてください♪もちろん普通サイズのおはぎも御用意しております。秋のお彼岸だけの「栗あんおはぎ」も販売中です。

さらに9月27日(日)の十五夜はお月見団子。自家製のこし餡と可愛いうさぎ薯蕷がひとつ付いています。余談ですが我が家の子ども達もお団子は大好き!月より団子状態です笑。
おは10もお月見団子も当日限り、限定数の販売となっていますので、お客様には確実にお求めいただけるご予約をおすすめしています。お気軽にお電話ください。

その他にもこっそりリニューアルデビューした「草大福」もご好評いただいていますし、ちょっとした手土産に「やくぜんサブレ」もよくお買い上げいただいています。
小杉一条店限定のどら焼き「まめ蔵」も午前10時より焼きたてを毎日販売しています。まだ焼きたてのまめ蔵を体験されてない方、お待ちしています♥
ちょっとしたイートインスペースも店内にございますのでお気軽にご利用くださいね。

この秋、東京も富山も盛りだくさんで皆様のご来店をお待ちしております!素敵な連休をお過ごしくださいませ^^

[PR]
by pullnet33 | 2015-09-20 23:29 | イベント

9月16日から和菓子イベント「若き匠たちの挑戦」開催!

第3回目を迎える新宿高島屋さんの和菓子イベント
「若き匠たちの挑戦」が9月16日から開催されます。

全国からバイヤーの招集で9人の職人が集結し、
新作の披露や実演、イートイン、展示、トークショーと
今回は今まで以上に盛りだくさんで御用意しております。

今回はテーマを「栗」と「プレミアム」と設定して新作などを調製。
各店からオリジナルの品が登場いたします。

当店の品をご紹介させていただきます。
e0122268_13103177.jpg
上生菓子「菊慈童」
こちらは「プレミアム」をテーマに創作した品です。
菊慈童の中に出てきます、不老長寿の効能を持つ菊の雫。
何か幻想的で不思議な雰囲気を表現しました。
詳しくはまだ公開できませんが、カルダモンともう一つ隠し味を加えて
新しい和菓子の方向を目指した一品です。

e0122268_13103547.jpg
栗きんとん「香る栗きんとん」
こちらは「栗」のテーマにて調製した一品です。
よくある茶巾絞りの栗きんとんですが、一工夫。
これは是非、会場でお求めいただき味わっていただきたいです♪
(というか、まだ詳しく書けません^^;)

e0122268_13203593.jpg

そして今回は2階に設えられた別会場にて、
器と書と菓子を組み合わせた展示も行います。
詳細はこちらをご覧下さいませ♪
和菓子・若き匠たちの挑戦Facebookページ


そして今回の驚きの一つはトークショーです。
羊羹で有名な虎屋さんの中山圭子さんと上生菓子についてのお話で
ご一緒させていただく事になりました!!
詳細は上記のリンクを見ていただけると嬉しいです!

あわせて当店のFacebookページも宜しくお願い致します。
引網香月堂Facebookページ

このイベントを通して精進して、さらに成長したいと思います。
いつもご贔屓のお客様に、和菓子の楽しみをお届け出来るような職人を目指します!
富山の和菓子職人を代表するつもりで
(勝手に、ですが 笑) 張り切って行って参ります!

(9/14追記)
公開できるお話が増えて来たので追記します。
虎屋文庫の中山さんとのトークショーは光栄すぎて
夢に見ちゃう位です。

その他にもチョコレートの神様、エコールクリオロの
サントス•アントワーヌ シェフの生チョコを使って
コラボさせていただいた生チョコを使った和菓子もご用意します。
3種有りますが各日限定数です。

e0122268_22550516.jpg
上から「紅葉の賀」
栗きんとんと南砺の干し柿、そして生チョコを合わせた一品。散らした金と銀の箔で源氏と頭の中将を表現。

左、「重陽」
重なる陽の最大数、9月9日の重陽の節句に因み
菊のデザインで、サントスシェフの最高に美味しい生チョコと
現在の自身の全力を重ねた一品という意を込めました。
煉切製で芯に生チョコ、しべに見立てて柚子のジュレを添えて。

右が自分のオススメ!「さを鹿来鳴く」
咲き始めた萩の花に、鹿が求婚するという和歌から銘を付けまして
和と洋のお菓子の種類の違いはあっても美味しい物を作りたい思いは同じ。
違う種を超えて融合を求める思いを歌に託して命名しました。
緑の餡はピスタチオ。素材の色です。
黄身餡で包んだ生チョコを芯にしてあります。
これは体験していただきたいです。

そして「器と書とお菓子」でご用意していただいた書もものすごく素敵なので是非ご覧いただきたいです。

そんな和菓子の魅力が盛り沢山な一週間。
是非、新宿タカシマヤでお会いしましょう!


[PR]
by pullnet33 | 2015-09-01 13:31 | イベント