<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

昨日は十五夜、今日はお彼岸中日

昨日は「十五夜」でお月見団子のご予約を
本当に沢山いただきました。

十五夜は農耕の神とされる月に、豊穣を感謝する行事。
今年は酷暑で作物の生育も不安ですが、大崩れせずに
なんとか年を越せそうな話が耳に入っています。
農作物の加工業者である和菓子屋にとって、五穀豊穣は
何にも代え難い、ありがたい物です。

そして今日は「彼の岸」におられるご先祖様に想いを馳せる
大切な期間、「お彼岸」の中日でした。
e0122268_2313110.jpg

今年は「おはぎ」が、すごい人気で
例年以上のお客様にお買い求めいただきました♪
当店の味が、皆様に届いたのだと思うと本当に嬉しいです!

「おはぎ」はお求めやく、親しみやすい和菓子ですが、
素材、手間、製法において一切の妥協は許していません。

「こし餡」は北海道産小豆を自家製餡して、滑らかに仕上げた餡が自慢です。

「つぶ餡」は丹波産大納言を三日かけて炊き上げた極上の餡の風味を活かした物。

「きな粉」は芯にこし餡を仕込み、香り高い京都産の黒寿きな粉で仕上げた
 華やかな風味。

「ごま」は、使う量を少しずつ当店で煎って香りを引き出し、軽く擦って
 風味を引き出した胡麻を使い、プチプチした食感までも大切にしました。
 芯には丹波産大納言つぶ餡を仕込み、さらに香りを引き立てます。

そして、秋のおはぎ名物「栗あん」は和栗と上質な砂糖だけで練り上げた
栗餡を使った本当に贅沢なおはぎです。

明日以降もおはぎは続けたいと思いますので、機会があれば試してみて下さいね♪
おすすめの逸品に育った「おはぎ」、、
素材の味を楽しんでいただければ幸いです。

新しい味の追加も検討しているので、楽しみにお待ちください!
[PR]
by pullnet33 | 2010-09-23 23:19 | お菓子

カルチャー和菓子教室、第3期へ

一年前から始めさせていただいた「四季の和菓子」教室。
おかげさまで多くの受講生の方々に支えられて
第3期目に突入いたしました。

そして今日は第3期の初日。
継続していただいた皆さんと、新規の方々に集まっていただき
また少しでも和菓子の楽しみをお伝えする機会をいただきました。

今日はホットプレートで作る「どら焼き」と
少し早いですが「栗きんとん」の作り方。
皆さん、とっても熱心に取り組んで下さいました♪
少し私サイドのトラブルもありましたが、無事終了。
おつかれさまでした!

より楽しい講座にできるように頑張りたいと思います。



そして!
随分更新が遅れましたが、本店横で育てている
「丹波大納言」!!
豆から植えて育てていますが、先日の青虫の襲来にも負けずに
かなり大きくなりました!
e0122268_22511585.jpg


大きさの比較対象物がコンビニのビニール傘で(分かりにくい、、)
恐縮ですが、こんなに大きくなりました!!
花も咲いています♪
来月には豆が実るかも! とっても楽しみです。
e0122268_22511942.jpg


最近和菓子の記事が少ないので次回は秋のおすすめ、
美味しい和菓子の写真を載せたいと思います♪
[PR]
by pullnet33 | 2010-09-15 22:54 | 楽しい事

富山大学で、、

大変光栄なお話です♪
e0122268_22253781.jpg

本年度の富山大学公開講座にて、
「和菓子を作って日本の伝統行事と
   食文化の大切さを考えてみよう」
と題した教養講座の講師のご依頼をいただきました!

全4回で春夏秋冬、それぞれの行事やお菓子の事、
それに付随するお話も含めて、実際に和菓子を作りながら
楽しく講義させていただきたいと思います。

ただ、現在は受講生の方を募集中ですので
規定人数までご応募が無ければ、中止になりますので
ご了承ください。

実現すれば嬉しいのですが。。。♪


まさか富山大学でお話や和菓子作りをする機会を
与えていただけるとは。。。

和菓子の道に入って18年。
何が起こるか、分からないものですね。
わくわくします!!
[PR]
by pullnet33 | 2010-09-12 22:29 | 楽しい事

感動のお客様

今日も朝の仕事を終えて、いつものように
10時スタートの焼きたてどら焼き「まめ蔵」を支援するため
小杉店へ移動しました。

そして準備も順調に進み、
そろそろまめ蔵を焼こうかと、ブースに妻が入った瞬間
飛び出してきて私に言いました。
「あのお客様が来られている!」
。。。。?

お店に出ると、東京の実演を開催すると必ずご来店いただける
お客様が立っておられました。
素敵な紳士。いつもお心遣いいただいています。

その方がまさかの小杉店へのご来店。
八尾の「おわら風の盆」もかねて
焼きたてのまめ蔵を召し上がるためにご来店いただいたとの事。

早速、焼きたてのまめ蔵を召し上がっていただき一言。
「これは醍醐味ですね」

職人冥利につきる思い。

私はお客様と感動を共有したくて、このまめ蔵を始めました。
この痺れるような感動!
和菓子職人になって良かった。
心から感じた出来事でした。。。
[PR]
by pullnet33 | 2010-09-03 23:29 | 楽しい事