<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

とほほ。。

昨日は一日、体調不良で横になっていました。。
未明から状態が悪くなり、悪寒に脂汗。
眠れないまま朝になり、フラフラして一日ダウン。

今朝は起き上がって現場復帰。
そんな長い時間、倒れていられませんよ〜
また頑張ります!
[PR]
by pullnet33 | 2010-03-29 10:34 | その他

お干菓子の御注文

先日、東京のお客様からお干菓子の御注文を承りました。
遠方の私に対して熱心に御依頼いただけましたので、
全力で調製いたしました。

事前にメールでご質問させていただき
春のお席と言う事で、設えに花の図案を多く御用意されているとの事。
そこでお干菓子では直接的に「花」は表現せずに、
春の花に寄り添うような図案を、、と
下のようなスケッチをお送りしました。
e0122268_2245712.jpg

かなりラフな絵で恐縮ですが、、;

この中から選んでいただいた4種がこちら
e0122268_22463081.jpg

下段左から2番目、ふやきぜんべいで「流水」
上段左から3番目、生砂糖細工で「佐保姫」
e0122268_22472398.jpg

下段左から3番目、艶干錦玉製で「春風」
上段の左端、州浜製で「青柳」

当日、お席に入られたお客様にもお喜びいただけたと伺い、安堵しました。
お干菓子は御用意する私も、色々心配になる要素が多く、
お席終了後のご連絡をいただくまで、気が休まりませんが
今回も非常に勉強させていただきました。

最近はあまり作る人も減ってきましたが、お干菓子の魅力と
奥の深さは職人として興味深いジャンルだと感じます。
量産には向きませんが、「こっそり」作り続ける事ができれば良いなぁ、と
思っています。
[PR]
by pullnet33 | 2010-03-24 23:04 | お菓子

春のお茶会

先日、お世話になっている茶道の先生の
お弟子さん三名様から、「奥伝披露茶会」のお菓子の
調製を承りました。

「奥伝」はその流儀の神髄が込められたお手前で、
高位のお弟子さんにのみ伝えられるもの。
その御披露ですのでお目出度い雰囲気を出したいと考えました。

富山市内の喫茶にて打合せ。
主菓子は私が初めてお席にお出しする「ういろう」製の図案
銘は皆様で「蘖(ひこばえ)」と付けていただきました。
これから更に花を咲かせる、、、素敵な銘で調製した私も嬉しいです。
e0122268_1434589.jpg

e0122268_145567.jpg
お干菓子は三名と雛節句を意識して「重三」
生砂糖製で舞い飛ぶ「胡蝶」を御用意。
お席も無事終了されたようで、何よりでした。

色々な方との御縁から、私自身勉強させていただき
新しい図案や菓銘が生まれます。
これからも有り難く、和菓子作りに励みたいと思います。
[PR]
by pullnet33 | 2010-03-22 14:11 | お菓子

お彼岸

しばらく訳あって更新を自粛していました。。。
今日からまたupして行こうと思います。
よろしくお願いいたします。


お彼岸の中日、なんだか大荒れの天気です、、;
嵐みたいになったり、日が出てきたと思ったら黄砂?で煙っていたり。
そんな中、沢山のお客様に御来店いただいています。
e0122268_11413731.jpg

先程、「おはぎ作り」がいったん落ち着きましたので
次の山場が来る前にupします♪
e0122268_11421318.jpg

おはぎの別称のお話は最近よく紹介されていますが、
「ぼたもち(牡丹餅)」
「おはぎ(お萩)」
「夜舟(着いたのが分からない)」
「北窓(月を知らない。見えない)」
「隣り知らず」
「櫂ずり餅」
などなど。。。
聞き慣れない物は、作る時に”搗かない”事から
しゃれで付いた名前と言われています。

お彼岸は「彼の岸」におられるご先祖様に、想いを馳せる期間と言われています。
私も今日は、おはぎを食べる前に少しだけでも手を合わせて
ご先祖様に感謝したいと思っています。
合掌。

さぁ、おはぎ作りの第2幕。 頑張ります!


*度々ご訪問いただき、本当にありがとうございます。
 お話が沢山あります。
 時間を見つけて少しずつupしていきますので
 これからも、よろしくお願いします!
[PR]
by pullnet33 | 2010-03-21 12:04 | お菓子

道明寺製の桜餅

e0122268_10252356.jpg
道明寺 桜餅
明日は上巳(じょうし/じょうみ)の節句
桃の節句とも呼ばれる、「雛祭り」ですね♪(ちなみに私の誕生日w)

当店では関西風の道明寺、関東風の焼き皮(長命寺)
2種類の桜餅を御用意しています。
早朝(夜中?)から、当日分だけを調製します。

道明寺って何?
と、よくお客様にご質問を受けるので、ちょっとご説明を。
蒸した糯米(もち米)を干したものを「糒(ほしい)」と呼び
昔は保存食にしていました。
それを4〜5ツ割にした物が「道明寺種」です。
道明寺種に水分を含ませて蒸し上げ、砂糖蜜を加えたものが
道明寺桜餅の皮になります。

なめらかであっさりした北海道産小豆こし餡と
国産の桜葉の高い香り。
口当たりの優しい道明寺との一体感で
「甘さ」より「素材の風味」が後を引きます。

お薦めの一品ですので、明日のお節句のお供にどうぞ♪

*さっき、道明寺とうぐいす餅を試食しましたが
 かなり自分の理想に近い味になっています。
 百点満点は永久に無いのですが、もっともっと研究して
 さらなる美味を追求したいです。(でも、朝から甘味食べ過ぎか、、;)
[PR]
by pullnet33 | 2010-03-02 10:45 | お菓子

雛生菓子

おかげさまで、今年は怒濤の忙しさが続いています!
ありがとうございます。

今年の雛生菓子は、色々作ったのですが
現在ほぼ完売。
ご予約も、ほとんど承れないような状態です。

とりあえず、、写真だけでもupします。。。
e0122268_1938752.jpg
e0122268_19382483.jpg
e0122268_19394952.jpg


*先週の金曜日、小杉にて和菓子教室を開催させていただきました。
 今、写真が無いので後日upしたいと思います。
 「米から作る道明寺、ホットプレートで作る長命寺」
 皆さん上手に作られて、楽しかったですよ♪
[PR]
by pullnet33 | 2010-03-01 20:09 | お菓子