平常心

e0122268_456352.jpg

先日、関東在住のお茶人の方からお干菓子の御注文を承りました。

メールを通して図案のご相談をして、
使用する素材、調製のタイミング、、、
全てに気を配り、良い塩梅で仕上がりました。

しかし。

私の梱包に不備があり、お席の現場に配送された
お干菓子の多くが破損してしまいました。
そのお話を伺って、頭は真っ白。

お詫びのメールをお送りし、恥ずかしさや情けなさに
気持ちは占領されていました。


その方からのご返信を拝読し、胸が熱くなりました。

お客様は喜んで召し上がっておられました。
自分も今回お願いして本当に良かったと思っています。
ただ梱包は次回から、このようにして下さい。
茶席に不測の事態は付き物ですから、、との事。


和菓子職人は古くから、お茶人の方に育てていただく部分、要素が
多々あると思います。
地元にも私を御贔屓にしていただき、指導、教育して下さる先生方がおられます。
今回は遠方、しかも初回にも関わらず、私のこのような失態に対して
「平常心」で接していただき、ご指導までも頂きました。

当たり前ですが、私はまだまだ勉強不足です。
この経験。。そして、この先生のお気持ちにお答えできるよう、
今後も精進しなければ、、、と肝に命じた次第です。


平常心是道
茶道を実践されている方の、心の在り方に感動しました。

ブログ上ではありますが、御礼申し上げます。
ありがとうございます。
本当に良い勉強をさせていただきました。
[PR]
by pullnet33 | 2009-04-04 23:44 | お菓子
<< 国泰寺 月釜茶会 日めくり万葉集vol.4 >>