結納

今回は結納の席で使っていただいた
上生菓子と干菓子を紹介します。
e0122268_21361666.jpg

黒いケースに入っている上生菓子の銘は「友白髪」
お干菓子は「松葉」と「夫婦鶴」です。
上生菓子の図案は、干菓子の図案が細かい分
シンプルに仕上げて金粉でアクセントを付けました。


友白髪は「共に白髪になるまで」ということで
金婚や長寿のお祝にも使われる菓銘。
そこに常磐の松、夫婦の千鶴を合わせ
お二人の末長い幸せを願います。

この頃、結納や婚礼の席のお菓子を
御提案させてもらう機会が多くあります。
以前は定番の引き出物などが中心でしたが、
もっとパーソナルな、好みを伺った上での
「その瞬間」に立ち会える和菓子の制作も多くなっています。

そこにはお客さんの強い想いがあって、作る側としても
暖かい気持ちになれます。

特別な行事はもちろん、特別な人と楽しむ時間のお供に
「華」や「和み」を添えれる和菓子を作っていきたいと思います。
[PR]
by pullnet33 | 2009-02-01 21:54 | お菓子
<< 磯はなび 東京実演の様子 >>