針歳暮

e0122268_1533395.jpg

富山では今くらいの時期に
「針歳暮」とか「針せんぼ」といって
お嫁さんの実家から嫁いだ先のお宅へ、
大きな大福餅を贈る習慣があります。
(針供養にちなんだという説が有力らしいです)

「針仕事」というモノ自体が少なくなり
針供養も過去の儀式のようになっていますが
このお餅のご注文は、最近でも多くいただきます。

日本の古くからの心、、
あらゆる「モノ」に神を感じ、大切にする気持ちは
いつまでも持ち続けたいです。
「八百万(やおよろず)の神」、、素敵な思想だなぁ。。。
私も愛情を持って、好きなモノを長く使っていきたいと思います♪
[PR]
by pullnet33 | 2007-11-18 15:42 | お菓子
<< 昔ながらの 金沢 >>