おは10の全容♪

春のお彼岸、明日は中日です。

おはぎは今までも作って来ましたが、今回は10種類!
それぞれ個性のある和の素材を軸に仕上げました。
e0122268_2341017.png

まずは定番の「つぶ餡」
北海道産の大納言小豆をじっくり炊き上げ、丁寧に煉り上げた粒餡です。

そして和菓子屋の基本「こし餡」
こちらも北海道産の小豆を自家製餡で仕上げた滑らかな漉し餡です。

春のお彼岸の定番になった「さくら餡」
桜の葉を漬け込んだお酒のアルコールを飛ばしたエキスを加えて煉り上げた
春の香りいっぱいのおはぎに桜花の塩漬けを添えて。

春のお茶席でご指名の多い餡をアレンジした「よもぎ餡」
自家製の北海道産白いんげん豆の白餡に蓬を煉り込み、
春を感じていただける風味に仕上げました。

そして今回のチャレンジの一つ「木の実餡」
自家製の白餡に、丁寧にローストした〝クルミ〟を加えて煉り、
餡の豆の香りとクルミの風味を繋げる為に〝焦がし蜜〟を練り込んで
さらに食感の〝アーモンド〟、全体の風味を整える〝栗〟を隠し味に仕込み
仕上げました。

当店のおはぎの定番になりつつある「柚子味噌餡」
自家製白餡に京都産の白味噌と、柚子の表皮を加えて
和食のような落ち着いた味を目指しました。

初めての仕込みでしたが「白ごま餡」
白ごまを煎る時に、隠し味で本格醤油を少しだけ加えて
香ばしさと胡麻の風味を活かし、芯の小豆こし餡との調和を楽しんでいただきたい一品です。

自家製白餡に使用している北海道産白いんげん手亡の「白つぶ餡」
3日かけて炊き上げる白の粒餡。豆の風味が活きる新しい定番です。

根強い人気の「きなこ」
京都産の黒寿きな粉をたっぷり纏い、芯の自家製小豆こし餡が効いている
春秋通した人気の一品です。

そして最後に今回一番のチャレンジ「マクロビおはぎ」
芯の生地は餅米と、もち玄米を合わせて仕込んだ自然の甘みが活きる風味。
それを包む自家製こし餡は〝てんさい糖〟だけで煉り上げた滋味深い餡。
素材を全て味わい、身体に優しい素材、精製していない素材を中心に摂取する
「正食」という考え方を和菓子職人として意識したレシピです。


これら10種類のおはぎセットはお彼岸中日限定で調製いたします。
是非ご家族や大切な方と一緒にシェアして召し上がっていただけると嬉しいです。

お彼岸中日のご来店、お待ちしております♪
[PR]
by pullnet33 | 2012-03-20 00:00 | イベント
<< この春のお知らせ♪ 乞うご期待おは10 >>