くゆら織 SAKURAIRO展コラボレーション

新しい体験をさせていただきました。

今日から、じょうはな織館にて「くゆら織」作家の高須佳美さんの
個展が開催されます。
そのオープニングパーティにて、作品からイメージを膨らませたお菓子の調製と
その制作過程のお話をさせていただく御依頼をいただきました。

本当に不思議な御縁で、作家の高須さんと織館の澤田館長から
御依頼をいただき本日のパーティに至りました。
e0122268_2223923.jpg

今回は作品3点を高須さんにお選びいただき、それを拝見して
イメージを膨らませて、私がお菓子を作る、、、という流れでした。
その作品3点の写真はこちらです。
e0122268_2263531.jpg

「桜酔(さくらよい)」
e0122268_2264558.jpg
「夢桜人(ゆめさくらびと)」
e0122268_2264241.jpg
「華うらら」



今回は私の頭の中の創作過程を言語化して、
会場で皆さんにお伝えするまでの御依頼でしたので
その点について思案を重ねながら調製いたしました。

新しい発見は私自身お菓子の図案を考える際に、イメージを断片的にでも
言語化している、、という事です。

例としては「桜酔」を見て視覚のイメージと、
浮かんだ言語は第一印象で「艶やか」という詞。
それをもとに、お菓子のイメージを膨らませました。

そして高須さんは香りも今回の個展のテーマにしておられましたので、
お菓子にも自然素材で春の香りを仕込みました。
「さくら」「よもぎ」「いちご」、、、

e0122268_22152013.jpg
「桜酔」煉切3色ぼかし、桜香移し餡包み、
桜花、羊羹製織物、金箔仕上げ
e0122268_22152295.jpg
「夢桜人」桜:艶干錦玉グラッパ仕込み 
風:生砂糖、よもぎ煉り、揺れ型、萌える草に渡る風を表す
e0122268_22152513.jpg
「華うらら」生打村雨仕上げ、ドライストロベリー、芯は自家製白餡


このような新しく貴重な経験をさせていただき
高須さん、澤田館長、関係者の皆様には本当に感謝いたしております。
今回の経験で、新しい何かを手に入れたように感じます。
次の機会に備えて精進いたします。

3月の20日までの開催ですので、是非ご来場いただければ幸いです。
お菓子は本日だけですが、本当に素敵な作品達に出会えます。
会場はこちら、、、、http://www1.tst.ne.jp/ori/
詳しくはこちら、、、http://mbp-toyama.com/harmonie/column/1430/
[PR]
by pullnet33 | 2012-03-10 23:10 | イベント
<< 乞うご期待おは10 予約分で完売御礼、雛生菓子。 >>