夏だけど冷やし過ぎ注意♪

東京でのイベントを終えて、やっと少し気持ちに平穏が訪れました。
これからは色々と練ってある、この夏の構想を実現させていきたい気分です♪

昨日は突然でしたが、九州は宮崎から
コロプラ物産展でご一緒させていただいた「染織こだま」の若旦那が
わざわざ当店へ御来店下さいました!
e0122268_12335542.jpg
伏木本店の外観を撮影中♪
ゆっくりお話をさせていただき、また心に熱をいただきました。
ありがとうございます。
「染織こだま」さんの催事が金沢で開催中です(6/25〜27)
http://someorikodamas.com/ishikawaten.shtml
お近くの方は是非ご来場下さいませ♪


さて、タイトルの「冷やし過ぎ注意」です、、、
女性のお身体はもちろん冷やし過ぎてはいけませんが
当店の和菓子の中にも冷やし過ぎ注意な品物が何点かございます。

前回の記事で御紹介した「白玉ぜんざい」は冷やしすぎると
白玉が固くなってしまいます。
保存料や砂糖を沢山使えば数日軟らかくしておく事も可能ですが
当店の信条としては使用したくありません。
お客様にはご不便をおかけしますが、召し上がる前に少しだけ冷やして下さい。

そして最近当店の人気商品の座に定着した「本わらび餅」
これは極上の「本わらび粉」100%使用の
本当に贅沢で今時珍しい「本物のわらび餅」です。
そのかわり、本わらび粉は低温に弱くて冷蔵庫で冷やすと、すぐに劣化して
ぼそぼその食感になってしまいます。
本わらび餅独特の、軟らかいのに最後まで粘る独特のコシが失われてしまいます。

これも「加工澱粉(ちがうモノの澱粉)」などを混ぜれば、
冷蔵で数日は日持ちするのですが、当店に来て下さるお客様には
本わらび粉の風味、食感を純粋に楽しんでいただきたくて
この配合に拘っています。

本葛や本わらび粉、白玉粉は冷蔵に弱い素材です。
どうか本物の素材を良い状態で楽しんで下さい。

どちらも便利な食べ物ではありませんが、本物の素材、心を込めた技術で
大切なお客様にお届けしたいお菓子です。
不便な部分はありますが、どうかお付合いいただければ職人として幸せに存じます。


次回はお菓子の写真も添えて更新したいと思います。
お楽しみに♪
[PR]
by pullnet33 | 2011-06-25 22:05 | 素材
<< 「運命の出会い」と七夕「笹餅」 「コロプラ物産展」閉幕と「和菓... >>