まめ蔵

毎朝10時から小杉店の店頭ブースで焼いています。
e0122268_21555736.jpg
(写真は当店の職人)

今日の「エフエムいみず」でもお話しましたが
まめ蔵をお客様の見える所で焼いている事には理由があります。
もちろんライブ感、、というか、香りなども含めた
「お客様への提案」という意味もありますが、本当の想いは別に有ります。

お菓子やお料理が出来上がるまでには、農家さん、漁師さん、畜産家さん、
素材を加工する人、用意する人、それを調理する人、、
色んな人の「手」や「想い」を積み重ねて
食べる人のもとに届きます。

その一部でもご覧いただきたい。
そして、そのお菓子の背景に想いを馳せていただきたい。

どら焼きの皮をお客様の目の前で焼き、
「餡」と「皮」が出来るまでを、箱にイラストで描く。
しおりには、こだわりの大納言の産地・丹波で撮ってきた写真と共に
農家さんへの敬意を表しました。

「まめ蔵」には和菓子職人の仕事を支えて下さる皆さんへの
敬意と感謝が込めてあります。



色々書きましたが、パクっと普通に食べて下さいね♪
「美味しい」と思っていただければ何よりです。
[PR]
by pullnet33 | 2010-05-27 22:28 | お菓子
<< アイスのように食べられる「どら焼き」 台湾上生実演、、その後 >>