どら焼き まめ蔵

e0122268_22212810.jpg

焼きたて どら焼き「まめ蔵」
このお菓子については「早く書きたい!早く書きたい!」と思っていたのですが
なんだかバタバタして、、;発売から2週間、ようやくブログを書いています。

「焼いたどら焼きの皮を冷まさずに、
    新鮮な極上粒餡をたっぷり挟んで食べてもらいたい!」


和菓子職人の私は、もちろんかなりの「甘党」、、超甘党。
特にどら焼きは大好物です。
作業場でどら焼きを焼くと、あたたかいままの皮に餡をたっぷり挟んで
一気に頬張ってみたりします。(もちろん”こっそり”ですが 笑)

しかし、、、これが本当に美味い!!!
和菓子職人だけの特権。「焼き立てのどら皮」に「極上粒餡」
口の中は幸せで一杯です。。。
この感動をお客様にも届けたい。
ずっとこの気持ちを暖めてきました。


そんな中、昨年訪れた丹波で出会った熱心で温かい農家の皆さん。
その大納言にかける情熱に触れ、皆さんが育てる極上品質の丹波大納言を活かした
本当に美味い和菓子を作らなければ!という衝動が私の中に巻きおこりました。

一口に丹波大納言と言っても、言葉は悪いですが「ピンキリ」なんです。
当店が譲っていただいている丹波大納言は正真正銘の「極上品」
この豆を3日間かけてじっくり炊き上げる、入魂の粒餡。
e0122268_22215779.jpg

それに合わせるのは、私が長い間暖めてきた特製配合の「どら皮」です。

このお菓子をお届けしたくて、小杉店の一部を改装し
製造実演ブースを作りました。
さらに、より「しっとり」した皮を焼く為に、
職人もかなわない速度で一文字鉄板に生地を流し、
フタをして蒸し焼きのようにできる道具も導入しました。

目の前で焼けた皮に、たっぷり粒餡。
「はいっ」と手渡せば、ほんのり温かい最高のどら焼き。
私の思い描いたスタイルになりました。
毎朝10時から焼き始めて、売り切れ次第終了なので
午前中に御来店いただければ、温もりのある最高に美味いどら焼きを
「体験」していただけます。


「個装の袋」と「外箱」、「しおり」は
このお菓子にかける私の想いを誰よりも理解してくれている
妻のデザインです。外箱には「まめ蔵の出来るまで」を綴ってあります。
是非、こちらもチェックして下さいね♪

熱く語ってしまいましたが、本当にお薦めです!
是非一度「体験」して下さいね♪
[PR]
by pullnet33 | 2010-05-02 22:22 | お菓子
<< 台湾へ行ってきます。 五周年祭、、その後。 >>