お干菓子の御注文

先日、東京のお客様からお干菓子の御注文を承りました。
遠方の私に対して熱心に御依頼いただけましたので、
全力で調製いたしました。

事前にメールでご質問させていただき
春のお席と言う事で、設えに花の図案を多く御用意されているとの事。
そこでお干菓子では直接的に「花」は表現せずに、
春の花に寄り添うような図案を、、と
下のようなスケッチをお送りしました。
e0122268_2245712.jpg

かなりラフな絵で恐縮ですが、、;

この中から選んでいただいた4種がこちら
e0122268_22463081.jpg

下段左から2番目、ふやきぜんべいで「流水」
上段左から3番目、生砂糖細工で「佐保姫」
e0122268_22472398.jpg

下段左から3番目、艶干錦玉製で「春風」
上段の左端、州浜製で「青柳」

当日、お席に入られたお客様にもお喜びいただけたと伺い、安堵しました。
お干菓子は御用意する私も、色々心配になる要素が多く、
お席終了後のご連絡をいただくまで、気が休まりませんが
今回も非常に勉強させていただきました。

最近はあまり作る人も減ってきましたが、お干菓子の魅力と
奥の深さは職人として興味深いジャンルだと感じます。
量産には向きませんが、「こっそり」作り続ける事ができれば良いなぁ、と
思っています。
[PR]
by pullnet33 | 2010-03-24 23:04 | お菓子
<< とほほ。。 春のお茶会 >>