春のお茶会

先日、お世話になっている茶道の先生の
お弟子さん三名様から、「奥伝披露茶会」のお菓子の
調製を承りました。

「奥伝」はその流儀の神髄が込められたお手前で、
高位のお弟子さんにのみ伝えられるもの。
その御披露ですのでお目出度い雰囲気を出したいと考えました。

富山市内の喫茶にて打合せ。
主菓子は私が初めてお席にお出しする「ういろう」製の図案
銘は皆様で「蘖(ひこばえ)」と付けていただきました。
これから更に花を咲かせる、、、素敵な銘で調製した私も嬉しいです。
e0122268_1434589.jpg

e0122268_145567.jpg
お干菓子は三名と雛節句を意識して「重三」
生砂糖製で舞い飛ぶ「胡蝶」を御用意。
お席も無事終了されたようで、何よりでした。

色々な方との御縁から、私自身勉強させていただき
新しい図案や菓銘が生まれます。
これからも有り難く、和菓子作りに励みたいと思います。
[PR]
by pullnet33 | 2010-03-22 14:11 | お菓子
<< お干菓子の御注文 お彼岸 >>