「浦の秋」

e0122268_15523361.jpg

富山市の赤十字看護専門学校文化祭のお茶会
2日目のお菓子です。
いただいたテーマは定家の
「見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ」

2日とも秋の夕暮れの風情が主題という事で悩みましたが
昨日upしたものは、比較的絞った視野で見た図案。
素材は煉切製で、芯は小豆こし餡。
今日upしたものは広い視野で見た図案で
素材は薯蕷きんとん&栗きんとん製で、芯は純栗餡。

主題が重なっていますが、形、味、色合い
それぞれに多少の変化を付けたので
両日ともお席に入られた方でも
楽しんでいただけたのではないでしょうか♪
2日とも同じようなお菓子では申し訳ないですから。。。

お客様もご主人の方も楽しめるお菓子を作りたいものです。

う〜む。。。
今後も勉強あるのみ!

*先程、顧問の先生からメールをいただきました。
 1日目は「夕べの空」、2日目は「浦の苫」という銘を
 生徒さんが付けられたそうです。
[PR]
by pullnet33 | 2009-09-22 16:15 | お菓子
<< 百代草 「秋の夕暮れ」 >>