「秋の夕暮れ」

e0122268_18334542.jpg

今月の18日、19日
富山赤十字看護専門学校の文化祭で開かれた
お茶会のお菓子を調製させていただきました。

いただいたお題は枕草子の第1段の秋の部分。
「秋は、夕暮。
 夕日のさして、山の端いと近うなりたるに、
 烏の、寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、
 飛び急ぐさへ、あはれなり。
 まいて、雁などの列ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。
 日入り果てて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず」

冒頭部分の情景をお菓子に映しました。
銘は生徒さんが付けて下さって「秋の夕暮れ」(記憶が曖昧ですが、、;)
私が考えていた仮銘は「帰り路」です。
お茶席菓子の銘は主人の方が付けられるのが楽しくて良いかと思います。

気軽に上生菓子にお好みの銘を付けて
季節を楽しんでみてはいかがでしょうか?
[PR]
by pullnet33 | 2009-09-21 19:03 | お菓子
<< 「浦の秋」 富山新聞セミナー「四季の和菓子」 >>