お盆期間は、例年以上に多くのお客様に御来店いただきました。
お近くの方から、遠方の方まで、、本当にありがとうございます。
この場にて御礼申し上げます。


秋の気配が濃厚になり、朝夕涼しい日も増えました。
そろそろ、こんな煉切が気分。
e0122268_173547100.jpg
「着せ綿」
五節句の一つ、9月9日の重陽の節句の前の晩に
菊の花に綿を乗せて露をとり、それを肌に含ませて
邪気払いや不老長寿を願った風習を図案化した和菓子です。

この季節定番の、わりと古典的な図案ですが
菓匠によって花の部分の仕上げ方や、綿を表すソボロの細かさや量など
定番だけに個性が出る図案だと思います。
「花」はヘラによる手仕上げ、「綿」のソボロは細いものを控えめに。
そのバランスが私の好みです。


図案だけでなく、秋は魅力的な素材が目白押しの季節です。
ほくほくの金時芋、濃厚な栗、里芋も美味しいし、新豆も出るし、、、
今秋から初めて作る予定の「新作」も色々計画しています。
まだ写真は掲載できませんが完成型になり次第
当ブログでご紹介したいと思います。

試作と試食で「肥ゆる秋」にならないように警戒です、、;
[PR]
by pullnet33 | 2009-08-26 18:05 | お菓子
<< お彼岸はおはぎ 色々告知させていただきます。。。 >>